乳がん体験者が集う<虹の会>お知らせブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月のスケジュール

<<   作成日時 : 2019/02/28 19:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

みなさまこんにちは。3月ですね。
今月は初めにスケジュールをお知らせします。


体験者サロンでの相談&相談者について
 
 下記の日程で「虹の会の事務所」で相談をお受けします。
 事前予約は必要ありません。
 直接事務所までお越しください。
 事務所までの道順は↓を参考にしてください。
 https://nijinokai-rainbow-2510.at.webry.info/201305/article_1.html
 時間は午前11時から午後4時までです。
 会員でない方もお気軽にお越しくださいね。
 お電話での相談も可能です 06−6353−2510
 ☟下記のような体験をされた方がご相談をお受けします。
3月 2日(土):抗がん剤・ハーセプチン・ホルモン療法・同時再建の体験者
3月 9日(土):つどいがあるためおやすみです
3月16日(土):抗がん剤・ハーセプチン・ホルモン療法の体験者
3月23日(土):抗がん剤・ハーセプチン・ホルモン療法・再発治療・リンパ浮腫治療の体験者
3月30日(土):抗がん剤・ホルモン療法・再発治療・トリプルネガティブの体験者




ゆんたくについて
3月24日(日)
 再発・転移した正会員のみ参加できます。
 (初回限定で非会員の方も参加できます)
 「虹の会の事務所」で相談をお受けします。
 事務所までの道順は↓を参考にしてください。
 https://nijinokai-rainbow-2510.at.webry.info/201305/article_1.html
 時間は午後1時から4時までです。
 ※当日は電話相談は受け付けていません。ご了承下さい


体験者のつどいについて
3月9日(土)
 場所:北区社会福祉協議会
 時間:14時〜16時30分
 テーマ:「話したいこと 聞きたいこと」
 行き方については
  http://nijinokai-rainbow-2510.at.webry.info/201411/article_2.html
  をご覧ください。
 今回は保育を用意しています。お子様づれで参加できます。
 ブログ担当の私も、子供を連れて参加する予定です。みなさまとお会いできることを楽しみにしています







今月は私が、がん告知を受けた時のことをお話ししようと思います
がんが見つかり、ショックを受けましたが、泣いてばかりいられなかったと言うのが現実でした。悲しむヒマもなく、まずは、乳がんと言う病気について理解をしなければいけませんでしたそして、自分の治療方法を選択しなければいけませんでした。
その他にも、家族や周りの人に、どのように伝えるべきか、それとも黙ったままのほうがよいのか。入院中、子供の世話はどうすればよいか。
数々の書物と、実際に経験された方のブログを参考にして、少しずつ進めていきました。

今度は私の体験記が誰かのお役にたてるなら、幸いです

まずは私の闘病履歴を簡単にまとめてみました。

2017年8月 乳がん告知を受ける
2017年10月 乳房温存手術(その後の病理の結果、断端陽性)
2017年11月 皮下乳腺全摘手術とエキスパンダー挿入手術
2018年5月  シリコン入れ替え手術
そして現在 ホルモン療法中(ホットフラッシュ絶好調中です)


今月は乳がん告知を受けた時の事をお話しします。
定期検査で異常なしと診断された2週間後、私はお風呂上がりの自己触診で、左胸にパチンコ玉のようなしこりを見つけました
定期検診を受けたばかりだったので、まさか!とは思いましたが、念のため再受診をし、
針生検を受けました。
検査の結果がわかるまでの2週間。とても長く感じました。
考えても仕方ないということは、頭では理解していましたが、色々考え込んでしまいました。最悪の事態も想像していました。
しかしちょうど子供たちは夏休み。この時期は小学生ママにとっては毎日が戦争のようなものです。
アウトドアが大好きな我が家は、山にプールに海に、土日関係なく予定はぎっしり大忙しでした。毎日バタバタと身体は動いていましたが、心は不安で押しつぶされそうでした

2週間後、検査結果を聞くために病院に行きました。
不思議な事に、待合室には他の患者さんが誰一人としておらず、静まりかえっていました。
診察室に呼ばれて中に入ると、医師だけでなく看護婦さんもゆったり椅子に腰をかけていました。
この雰囲気でピンときました。

「残念ですが、悪い結果が出ました。」
「乳がんです。」

そう言われた瞬間
「やっぱり、そうか。」
でした

医師いわく、2週間前の針生検で、採取した細胞を顕微鏡でチェックした時点で、悪性腫瘍とほぼ断定していたそうです。なので、告知は、患者の少ない時間帯に予約を入れたそうです。その事を聞いて、
「先生は2週間前からわかっていたのかぁ。それなら、それとなく伝えて欲しかった。」というのが本音でした。
その後医師から、乳がんには色々なタイプや手術方法、治療方法があること。
まずは検査をして、私の状況を把握してから、今後の治療スケジュールを決めていくこと。
などの説明を受けました。

私は涙を流すことなく、手帳に要点をまとめていましたが、手が震えて字がうまく書けませんでした。平静を装っていましたが、やはりかなり動揺していたと思います。

診察室を出た後、今度は小部屋で看護婦さんと二人で話をしました。
私の心に寄り添ってくれ、気持ちを受け止めてくれました。
子供たちへの伝え方がわからないと相談をすると、小冊子をもってきてくれました。

その冊子には、子供に伝える時は3つの 「C」を意識して話をすればよいと書かれていました。
@誰のせいでもない(not Caused)ということ
Aがん(Cancer)であること
B伝染しない(not Catchy)ということ


家族が揃った夕飯時、涙があふれてきました。私の異変に子供たちも気がつきました。
私は、3つの「C」を意識しながら、出来るだけわかりやすく落ち着いて、子供たちに伝えました。
長女(当時9歳)はママっこで、感受性が豊かな性格です。ひどく心配するのではないかと思っていましたが、
「えー、ママが入院したら、私のご飯は誰が作るの?」という返答でした。
長男(当時7歳)は「ふ〜ん」と言った顔をしながら夕飯を食べましたが、その日の寝る前、「ママ、血いっぱいでるの?」「痛いのに我慢できるん?」「ママかわいそう」と私の身体を気にしながら、大きな声を出して1時間ほど泣き続けました。主人も私も「大丈夫よ」と言ってなだめることしかできませんでした。


がん告知を受けた私ですが、その直後東京旅行の予定が入っていて、告知5日後には新幹線に飛び乗っていました。
(主治医の了解済みです
画像


浅草の花屋敷、品川水族館に、劇団四季のライオンキング。
東京駅の大きな本屋さんで乳がんについての本を一冊買いました。日本乳癌学会作成の「乳がん診療ガイドライン」の本でした。

東京旅行から帰宅後、検査の日々が続きました。
東京で購入したガイドラインの本に付箋をつけたり、ノートにまとめたり、とにかく乳がんについて必死に調べました
画像


ガン患者かもしれないけれど、毎日家事や育児は待ったなし、夜もぐっすり眠ることができました
ですが、朝目覚めた時は、「悪い夢ではなく、現実だった。」と毎朝告知を受けたようにショックをうけていました。
がんになった自分を恥じ、周囲の人に申し分けない気持ちでいっぱいでした。
自分の何が悪かったのか、どうすればよかったのか。自分自身を責めたりもしました。

一人になる入浴中も辛く感じました。自分の胸に手を当てて泣いていました。
でも次第に「子供たちのために母乳をいっぱい作ってくれてありがとう。」と感謝するようになりました

告知直後は、とにかく毎日、冷静さを保つことに必死でした。
時間とともに少しずつ受け入れていったように思います



長々と話しましたが、最後までお読みいただきありがとうございます
続きはまた来月お話しさせていただきます。


☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆

乳がん患者が集う場所≪虹の会≫事務所
〒530-0044 大阪市北区東天満 2-2-15 第六新興ビル 405号
Tel&Fax:06-6353-2510
2018年4月〜の体験者サロン実施日
・毎週土曜日(第二土曜は休み)
・第二日曜日(1,3,7,8,11月は休み) 
※いずれも11:00〜16:00
※つどい開催日、祝日、お盆、正月はお休みします。
画像

☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。・☆・。... 。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3月のスケジュール 乳がん体験者が集う<虹の会>お知らせブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる